お知らせ

【パネルディスカッション】住友電装様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友電装自動車用・機器用ワイヤーハーネスおよびその部品等の製造販売を行なっている住友電装様 D&I推進室長の橋本純弥様をお招きし、パネルディスカッションを開催致します。

住友電装株式会社 様ホームページ

詳細は当日プログラムをご覧ください。

ダイバーシティ/LGBTの取り組み

「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)宣言」の実施

住友電装様は、2017年5月に、D&I宣言を発表しました。この宣言は、「マネジメント改革」「働き方改革」「多様な人材の活躍推進」の3つの柱で構成されています。
多様な価値観、考え方を持った人が自然と集い、育ち、一人ひとりが能力を最大限に発揮できる「世界で一番働きがいのある、活力ある会社」をめざしています。

住友電装グループ ダイバーシティ&インクルージョン【D&I】宣言(PDF:526KB)

イクボス

住友電装住友電装様では部下のキャリアも人生も応援する「イクボス」の存在が企業の持続的成長には必須であると考え、2017年に「イクボス企業同盟(主催:NPO法人ファザーリング・ジャパン)」へ加盟しています。

社内のイクボスを増やし、従業員一人ひとりが活き活きと輝きながら自己成長できる環境づくりを推進し、全国の参画企業と共にイクボスの輪を社会へ広げる活動に取り組んでいます。

イクボスとは

職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむ事ができる上司(経営者・管理職)のこと。

ワークライフバランスの取り組み

住友電装様は、従業員の生活と仕事のバランスを図るため、「仕事(ワーク)と生活(ライフ)の調和」を支援する施策に積極的に取り組んでいます。

育児休業や短時間勤務制度など、育児・介護に関する各種制度の拡充に加えて、男女ともに育児参画しやすい制度の導入やパパママミーティングの実施など、ワークライフバランスに関する諸施策の展開に注力しています。その結果、2016年5月にプラチナくるみん(厚生労働省所管次世代認定)を取得しました。

住友電装様:ワークライフバランスの取り組み

また、社内託児所「SWSこねくとキッズ」を設置し、子育てをしている従業員の活躍を支援する取り組みを開始されています。

くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて(厚生労働省)ホームページ

活き活き職場推進活動

13年度より活き活き職場推進委員会を設置し、毎年度各職場から260名以上を委員として選出・任命しています。

年4回の人権研修を実施し、人権問題への感受性を高めるとともに、各職場における人権問題の早期発見や早期解決に向けた活動を展開。
また、人権を基本としたD&Iに関するメールマガジンを発行し、委員を通じて職場に展開しています。

その際、委員が自由に感想やコメントを付記し、従業員の人権に対する意識の高揚を図られています。なお、任期は1年としており、これまでに1,000名を超える従業員が委員を経験。各職場からの風土改革をめざされています。

LGBT研修

講師を招き、活き活き職場推進委員を対象に5拠点にてそれぞれLGBT研修を行いました。
LGBTの基本知識だけではなく、LGBTの方の困りごと、特に職場における困りごとやアウティングについて学びました。

※アウティングとは本人の了承なく、セクシャリティ(性的指向や性自認)について第3者にばらしてしまうこと。

住友電装 LGBT研修

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加