チェリオグループ

企業紹介

チェリオグループロゴ清涼飲料水のライフガードをはじめ、斬新で面白味のある商品を数多く生み出しているチェリオ様。 そんな商品の製造から販売までを、幅広く手掛けている会社です。

チェリオ様には、約520名のメンバーがいます。各々のメンバーの方が責任をもって、日々の業務にあたり、チェリオ様の未来を共創しています。

役割は様々です。日々の目標を達成することを求められるフィールドプレーヤーから、シーズンを通じてチームの状態を整え、好成績を残すことを求められる指導者層、そして、さらに長期的に育成や文化を創り上げる経営陣、それぞれが、現在、そして未来を見据え、シンプルかつスピーディーに実践を重ねていらっしゃいます。

ダイバーシティの取り組み

「多様性」を重視した会社づくりを目指し、多様なバックグラウンドを持った個人が、その特長を活かしながら活躍のできる環境作りに取り組まれています。

「女性でも働きやすい工場」というコンセプトに基づいた滋賀工場の立ち上げ、外国籍社員の採用、聴覚障害者のスノーボーダーへのキャリア構築支援など、「違い」を活かした価値創出ができる事業の実現を目指されています。
また、日本最大級のLGBTイベントである東京レインボープライドへも協賛されています。

ドイツやカメルーン出身の女性社員の方もいる、国際色豊かなチェリオ様。
ドイツ出身の社員の方のお話では、「LGBTsを支援しているということは、他のマイノリティにも優しいのでは?」と思ったことが入社の決め手になったそうです。

LGBTの取り組み

チェリオ様は2014年から東京レインボープライド(TRP)への協賛を開始し、2015年からはTRPのトップスポンサーも務められています。

株式会社チェリオコーポレーション(株式会社チェリオ中部)

また、まだ大きな制度は無いものの少しでもできることを…という思いから、2016年より「LGBTって知っている?」という内容の「LGBT報」を始められています。

LGBTの意味といった基本的なことから、LGBTに関する様々なニュースなどが掲載されており、毎月、全事業所へ届けられています。
またLGBT報に相談窓口のメールアドレスが掲載されており、様々な相談に対応されています。

東京レインボープライド等プライドイベントへの参加

2014年から東京レインボープライド(TRP)への協賛を開始し、2015年からはTRPのトップスポンサーも務められているチェリオ様。
昨年の2017年は、来場者にライフガードのレインボーボトルを配布されたり、全国の事業所からの有志者がパレードに参加しています。

株式会社チェリオコーポレーション(株式会社チェリオ中部)

また東京以外にも各地で行われているプライドイベントに積極的に参加しています。
最初はLGBTsについてほとんど知識の無い人が多かったそうですが、もともとが「多様性を尊重し、バックグラウンドを気にせず個人個人の違いを出してやっていこう!」という社風のため、社員の方たちへの浸透は早かったそうです。

LGBT研修の実施

「社内でLGBT研修があると嬉しい」という意見があり、マネージャー研修や、新入社員研修でLGBT研修をやってみよう!と動かれているとのこと。
どうしたら会社の制度を変えていけるのかなど、定期的に色々な社員で集まって座談会のような形で話をする場も作られています。