加藤精工 株式会社

加藤精工様は1954年創業以来、自動車の関連パーツメーカーとして「お客様に喜ばれる商品を創造し、豊かな社会に貢献する」「個性とチャレンジ精神を尊重し、若さと夢あふれる企業を目指す」の2つの経営理念を掲げ、お客様のあらゆるニーズに全社員一丸となって高品質・高精度の製品づくりを行っています。

加藤精工様ホームページ

常に次代の半歩先を行く先進的な姿勢を基本に「Challenge(挑戦)」「Creation(創造)」「Confidence(信頼)」の3C精神を行動テーマとして、受注生産主流から企画提案力を備え技術面でのパートナーとなる新時代のパーツメーカーを目指されています。

加藤精工様のものづくり技術は、冷間圧造・精密切削・転造などの技術と、これらの技術を高次元で融合する技術にあります。そして、これらの技術は「人」によって支えられています。

そのため、加藤精工様では社員ひとりひとりが個性を発揮して、誰もが働きやすい職場づくりの一環としてLGBT(性的マイノリティ)の取り組みを行われています。

LGBT/SOGIの取り組みについて

研修の実施

管理職、役員だけではなく、本社・刈谷工場、岐阜工場、豊田工場の社員、約100名を対象にLGBT/SOGI研修を実施しました。

加藤精工様 LGBT研修 加藤精工様 LGBT研修

就業規則の見直し

  • 就業規則を見直し、同性パートナーにも結婚休暇や慶弔見舞金の支払いなどの福利厚生を適用しています。
  • 性別適合手術・ホルモン治療のサポート
    加藤精工様では「あんしん休暇」制度を設けています。
    「あんしん休暇制度」とは年次有給休暇を使わずに2年を超えて残した場合、その日数は私傷病のための「あんしん休暇」として最高20日まで繰り越すことが出来る制度です。
    そのため、勤続年数にもよりますが、年次有給休暇とあんしん休暇を合わせると最大で40日間の休暇を取得することが出来ます。加藤精工様では、性別適合手術・ホルモン治療の際にもあんしん休暇を利用できるようにしています。
  • 出産だけではなく、養子縁組を行った場合にもお祝い金を支給しています。