西日本電信電話 株式会社(NTT西日本)、株式会社 NTTビジネスアソシエ西日本 東海支店

西日本電信電話 株式会社(NTT西日本)様

多様性(ダイバーシティ)基本的な考え方

NTT西日本様では、「『ちがい』を価値として、一人ひとりが『自分らしく』チャレンジする会社づくり」を基本方針として、ダイバーシティ推進の取り組みを進めています。
2008年より全社的に取り組みを進め、ダイバーシティ推進に関する理解・浸透を図っています。

今後はダイバーシティの本質である「社員の多様な能力やアイディア、価値観等を活かした業務運営」に向けて、さらに取り組みを進めていきます。

LGBT等性的マイノリティに対する理解醸成

「PRIDE指標」においてゴールド受賞work with Pride

NTT西日本グループは、2019年10月、任意団体work with Pride が策定した企業・団体におけるLGBT 等性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE 指標」において、2018年に引き続き、ゴールドを受賞しました。

今後も、性的指向や性自認に関わらず、誰もが自分らしく生き、働ける組織、社会の実現をめざして、多様性の受容と各人の能力の最大化を可能とする環境づくりに取り組んでいきます。

work with Pride

理解醸成の各種取り組み

  • 全社員研修へのカリキュラム組み込み
  • 研修教材の提供
  • 講演等の実施
  • 相談窓口の設置
  • ALLY(アライ)グッズの作成、配布
    ※ALLY(アライ):LGBT等性的マイノリティの理解者、支援者のこと
  • 「手当関連」や「福利厚生関連」などの各種諸制度について、制度の適用を拡大

work with Pride

女性社員の活躍推進

NTT西日本グループでは、女性が個性と能力を十分に発揮できる環境、風土づくりをめざし、女性活躍推進の取り組みを実施しています。

政府が推進する「女性活躍推進法(2016年4月1日施行)」についても「一般事業主行動計画」を定め、社員一人ひとりが「自分らしいキャリアの実現」ができる環境づくりに積極的に取り組んでいます。

優良企業認定マーク「えるぼし」最高位に認定

NTT西日本様は、女性の活躍に関する取り組みの実施状況が優良な企業として、2017年1月に厚生労働大臣から女性活躍推進法に基づく認定「えるぼし」の最高位を取得しました。本認定を機に、さらに取り組みを加速するとともに、多様な社員一人ひとりが自分らしく活躍できる会社づくりに向けて積極的に取り組んでいきます。

障がい者雇用の推進

NTT西日本グループでは、「障がい者が職業を通じ、誇りをもって自立した生活を送ることができるようにする」 ために、西日本エリア各職場において地域密着の業務運営体制を活かした積極的な雇用機会の創出、雇用拡大を図っています。
そのため、各地域・グループ会社で、障がい者社員が働きがいを感じながら持てる力を発揮し、健常者社員と共に働けるような環境づくりを図っています。
また2009年7月に設立された特例子会社のNTT西日本ルセント様では、NTT西日本グループにおける営業・設備・共通分野の業務受託を開始するなど、業務を拡大しています。